2009年11月1日、執筆構成イズミ

東京都八王子市にある東京薬科大学で
開催された学園祭「第56回東薬祭」に参加

出演者はイズミ、ノり、イヨイヨ、太久実と
ゲストの「ありぽん」の計5名で炎舞です

ありぽんは最年少の現役大学生で
来週ありぽんの通う大学の学園祭で
イヨイヨと一緒にパフォーマンスするらしいので
折角だから東薬祭も一緒にやろうという流れ

んで肝心のイヨイヨは自分の受け持つ
ベリーダンス教室の発表会があって
15時から合流して会場に向かうので

発表会会場の近くにある公園で
打ち合わせや軽く動いて練習しながら待機
特に今回初顔合わせになるアリポンは
イヨイヨとの構成は練ってあるけど

その他に俺達と組んでやる場所は
経験も少ない事から未だ不安だったようで
この時間は彼にとっては有難かったかもね

ありぽんはスタッフが得意なようで
その動きもスピーディで迫力のあるモノ
日本ではあまり見かけなかったタイプで

俺はスタッフが苦手な方なんだが
この動きなら覚えてみても良いかなとw


練習という名のチャンバラゴッコをしてると
発表会の終わったイヨイヨが合流

今回の公演で使う音楽を聴きながら
一路八王子の大学へと向かう

途中、学園祭側の実行委員から連絡が来て
入り時間とか、状況とか話してたら

一緒に乗ってた連中は唖然としてました
良いんです、フレンドリーなのが魅力です
丁寧語なんて必要無いんです!



1時間ほど走って、大学の入り口に到着

さそく実行委員に迎えに来てもらって
東京薬科大学のキャンパスをドライブ

ありぽんがボソッと呟いた
「私立って立派だなぁ」という台詞が
哀愁漂ってる感じで凄く壺だったw

しばらく走ると「火付盗賊様」と
看板がある駐車場に到着

学園祭のスタッフと一緒に荷物の搬入
途中に今日パフォーマンスをする
舞台の建設現場があった

想像以上に大きなステージで吃驚w
雲行きが怪しいので降らない事を願う





火付盗賊の控室に用意されていたのは
教壇に向かって傾斜してるデッカイ教室

なんか、薬科大ってくらいだから
怪しげな実験道具とか調合図とか
置いてあるホグワーツ魔法学校な
イメージだったのに凄く普通だ

これじゃスネイプ先生みたいな教授とか
髭の長い校長とかは居なさそうだな
荷物を広げて着替えをしてると

布をひくように静かな音が聞こえる
閉じていたカーテンを開けると
外では雨が静かに降っていた

小雨程度だが、このまま降り続くと
野外ステージでの炎舞は中止になり

大き目の教室の中で布とライトで
パフォーマンスする破目になっちまう

開始時刻まであと2時間・・・



落ち込んでても晴れる訳でもないので
さっさと着替えを済ませて場当たり

ありぽん良い衣装が無いらしいので
団長の和風衣装を借りて炎舞するらしい

ありぽんは名古屋の炎舞チームの子で
普段は全員が同じ格好をして
びったり合わせた群舞をしてるんだけど

火付盗賊は群舞嫌い
同じ衣装なんて絶対嫌だ!
お前らは私の引立て役なんだぜ?
というチームなんでw

でも今回はある意味統一感あるよw
ガチムチ戦士太久実(左)
悪の黒魔術師イズミ(右)

他にも

フレッシュ侍ありぽん

とか

腹黒踊り子イヨイヨ

とか

大商人ノリ

とか居たんだけど
絶対に載せるなと言われたのでアレだが

ドラゴンクエストの職種という共通項がw
調子に乗って撮影会をしてると
学園祭実行委員が良いタイミングで
火吹き用のコーラを持ってきてくれた

さっきまで真面目に場当たりしてたのに
何故に今来るのだ君はw
















18時になっても雨は上がらなかったけど
かなりの小雨になってたので

予定通り野外ステージで
火付盗賊のファイヤーショー決行

直前まで体育館でやっていた
ライブが長引いていたので

お客さんが移動してこれるよう
30分ほど遅らせてのスタートになりました

どうせやるなら沢山の人に
見てもらった方が良いからね

























小雨が降り続いているので
若干床が滑ったり、服が張り付いたり
火の持ちが悪かったりするけど
湿気のお陰で写真を撮ると
炎の周りになんともいい感じの
光の玉が浮かんでて幻想的














30分のパフォーマンスを終えると
待っていたかの様に雨は強さを増し
撤収中の炎舞道具に容赦無く降り注ぐ

道具も衣装もこれだけ濡れちゃうと
後で干さんと駄目になるなぁ
被害を抑えるために急いで撤収作業

その後、関係者への挨拶を済ませ

出演者達と観に来てくれた友人達で
打ち上げ恒例の回転寿司へ

人生初の回転寿司で
ハシャグ3歳児が居たり

3歳児に殴られまくってる太久実が居たり
中々濃い打ち上げでしたw