2009年10月11日、執筆構成イズミ

第32回大須大道町人祭の2日目朝

昨日お土産に貰った饅頭を食べながら
本日のパフォーマンスの作戦会議

とりあえず昨日ハデに燃えたので
オレはハーレンパンツを縫う

今日は衣装前にの戻そうかと思ったけど
他の団員は全員揃いのハーレンパンツだし
一人だけ違う衣装だと違和感あるよね

かといって服を気にして自由に動けないのも
なんだかなーと・・・とりあえず何とかせねば

昼は目立ちすぎるから、霧吹きで湿らせて
燃えにくくして、宛て技を減らしましょうか
それぞれ衣装に着替え、道具の準備
昨日使って纏めてあるから
準備完了するのが早い早いw

2009年10月11日(日曜)
今日の予定は

1回目 12:20-13:00 文長通り
2回目 14:20-15:00 大光院明王殿
3回目 17:20-18:00 大光院明王殿

今年は6回中3回が大光院
去年までホームだった文長通りは1回だけ

文長は準備する場所が広くて
大荷物の俺達には丁度良い場所だったんだけど
足の裏が削れるのが難点なんだよねw



文長通り会場に着くと、そこではちょうど
三雲いおり」のパフォーマンス中

ディアボロ(中国独楽)を20m程上に投げて
それを二人の観客が張ってる糸でキャッチ
という寸法なんだろうけど

慣れてない観客が簡単にできるはずも無く
うまく誘導したり、時に取り上げたり

ディアボロを投げるたび、観客も火付盗賊も
みんなが一様に上を向いてました

確か去年も文長通りで三雲さんの後だったな









1回目 12:20-13:00 文長通り

ちょうどビルの陰が伸びてきたおかげで
ステージの半分くらいが日陰になってる

紅白幕も炎舞には優しくないけど
昨日の1回目ほど厳しくはなさそうだ

衣装と髪を霧吹きで湿らせて炎舞開始
1曲目はパイレーツオブカリビアン
※注意

ファイヤーパフォーマンスは
明るい時のほうが危険です

何故かと言うと夜なら炎が良く見える為
危険範囲が視覚的に判断可能で
滅多に燃えたりしないのですが

昼間だと太陽光線で炎がよく見えず
見えない分だけ飛躍的に危険度が上昇

尚且つ観客にとっても
火が見えづらく、迫力も乏しいという二重苦


以上の事を踏まえた上で
昼間の火付盗賊の苦労をお楽しみください




水晶玉の中は
逆さまの世界








去年のホームでの炎舞を終え
次は今年のホーム大光院明王殿

火付盗賊は準備と手集が長めなので
13時終了で次が14時20分からだと
結構余裕が無いので」急いで撤収

トーチとインジェクションから燃料を抜き纏
スタッフや棒状の道具と纏めて包み

消化関係の道具、布系の道具、楽器
手早く積み込んで大光院へ向かう
文長通りから大光院までは500mくらい
途中メインストリートを抜けるので

長物やら燃料を持って進むのは一苦労
路上でパフォーマンスしてる芸人さんも居て

そーゆー場所は混雑してて5分位待ったり
現場に居る大須の運営スタッフさんに
手伝って貰ったりして通り抜ける

大光院の門がが見えてきたが
なんだか違和感を感じる・・・

まだ昼間なのに光がチカチカと目に刺さる
そして門の中には黒山の人だかりが・・・






大光院明王殿では大須大道町人祭の顔
大駱駝艦」のパフォーマンス中

強い日差しを受けてピカピカビカビカ
さっきの光の正体はコレだったのかww
しかしまー呆れるほど良く光る

あんだけ離れてても目立つんだから
大道芸には向いてるんだろうなぁ

大駱駝艦のパフォーマンスは
見た目そのまま金粉ショーと言われますが
舞踏という一種のコンテンポラリーダンス

細かい内容はよくわかんねーけど
見終わると謎の感動があるのは確か

この動く石像っぽい感じと
寺の境内というシチュエーション・・・
GANTZ-ガンツ-」で見たことある!




人の山を掻き分けて会場の奥に
炎舞道具を置かせてもらう

昼の大光院は遮るものが何も無いから
全体に直射日光が降り注ぐ

ジャンベにとっては皮が張っていいけど
日光の苦手な火付盗賊の面々は
塀の影で日差しを逃れて一休み




一休み中、またしても差し入れ
ほんと、大須に来てるだけで
名古屋を食い尽くす勢いですw

頂いたのは豆狸の稲荷寿司

豆狸いなり
コンニャクいなり
わさびいなり
五目いなり

コンニャク稲荷??
文字通りコンニャクで作られた稲荷

油揚げを使ってないのを
稲荷というかどうかは別にして

コンニャク稲荷凄く旨い!
稲荷寿司を食べ終わるころ

大駱駝艦のパフォーマンスも終了
投げ銭タイムに入ったみたいだから

そろそろ俺達も準備を始めるか









2回目 14:20-15:00 大光院明王殿

相変わらずの良い天気です!orz
金粉で光り輝く大駱駝艦と違って
コレだけ明るいとノリ、イズミ、寛太は戦力半減

イヨイヨの踊りとおこたんぺのクリスタルに
頑張ってもらうしかないなこりゃw

ノリがMCしてる間に衣装を霧で湿らせ
靴を脱いで裸足になる・・・・・・・・・・熱い

直射日光で6時間はじっくり暖められた
床石が、遠赤外線でも出してんじゃねーか
ってくらいあっちいんだけど、滑るのも困るしなー

ファイアーパフォーマンス奥義痩せ我慢で
耐え抜けという仏さんからの試練か?w
毎度毎度昼の公演があるんだから
俺達も金塗り銀塗りを本気で考えないとなw

大須は大体昼3回、夕方2回、夜1回
良くて昼2回、夕方2回、夜2回だから
半分以上が明るいわけだしね〜

この回で2009年大須昼構成は見納め
来年も使うかもしれないけど・・・とりあえず最後






次のパフォーマンスまで2時間半
場所も同じ大光院だから移動も無いので
大須の町をふらーっと見て回る

普段あまり出歩かないからかも知れんが
大須商店街はやっぱ面白いと思う

特に気に入ってるのが
この身代不動明王の万松寺近辺

この、アーケード街に突如現れる
天幕つきの神社の境内の違和感とか

近くの電気街のカオスっぷりとか
かなり良い感じだと思うんですがw




仁王門通りにある御団子屋さん「新雀」
みたらし団子と、きなこ団子がそれぞれ80円

一本一本丁寧に手焼きしてて
あたりには焼き目の芳ばしい香りと
みたらしの甘い香りが混ざっててヤバイ

15人位が並んでるけど・・・食いたい
普段なら食い物の為に並んだりはしないけど

普通の飯屋とは違って早いだろうし
何よりこの匂いの誘惑には勝てそうに無いw

とか考えてるうちに、いつも差し入れやら
お土産やらポイ教室やらお祝いやら
え?!ここ隣の県だけど見に来たの?とかで
お馴染みの杉山夫妻が並んで買ってくれてた

しかも20本とか、うは、コレ食べていいの?
一応聞いたら、火付盗賊皆で食べてね(はーと)
と、見事に釘を刺されてしまいました (´・ω・`)








団子を食べながら大光院に帰ってくると
見慣れた顔がちらほらと集まってた

その中でも注目は眼鏡にジーンズの敬介
おやおや君は千葉の柏在住じゃなかったかね?


え?


なになに?愛知の彼女に会いに来たって?
ほほーそれは景気の良いお話ですのー

久々に会えたんなら良い所見せないとね!

諭吉でも用意して気前良く投げ銭箱に入れると
彼女もその太っ腹っぷりに惚れ直すと思うよ






第32回大須大道町人祭の最終公演

3回目 17:20-18:00 大光院明王殿

最終日のスケジュール調整もあって
3回目のパフォーマンスでも結構明るい

大光院明王殿では火付盗賊がトリなので
多少押して暗くなるまで待つ事も出来たけど

大須大道町人祭全体で見てみると
大須観音中央階段では大駱駝艦
浅間神社前ではデカルコ・マリィ

火付盗賊が終わってから
そっちを見に行く人も多いだろうし

ここで中途半端に時間を引き延ばして
パフォーマンスの途中で帰られても嫌だし

折角の夜公演をしっかり楽しんで欲しい!
ということで定刻どおりに炎舞スタート





1曲目はメスカリン
火吹きとインジェクションでドハデにスタート

後半はイズミ、おこたんぺのポイと
寛太のロングスタッフ

最後の最後だし・・・もう良いよね?
もう、封印解いても良いよね?

って事で30秒で衣装変え

あのベロアの封印を解き
馴染みの衣装で全力ポイ!

と行きたい所だったけど急いで着替えたせいか
パンツの紐がちゃんと結ばれてなかったw

こんなところでストリップは嫌やorz

動き回ったり飛び跳ねたりは
出来なかったけど、それでも自由って良い!



































薄暗い黄昏時、逢魔が時

読んで字の如く、古来から夕刻は
モノの区別がはっきり出来る昼から

薄暗く変化していき
直ぐ其処に居るモノの
区別がつきづらくなり

妖怪や幽霊など怪しいモノに
出会うかもしれない時刻

そんな黄昏時に
妖しく冴える水晶玉












さっきの教訓を生かして
確り紐を引き締めて臨んだフィーゴ

前々から言われていたけど
炎舞する時に凄い笑ってるw

本人としては全く自覚が無いんだけどw





神秘的なパフォーマンスをしていた
コンタクトジャグラーおこたんぺ



かっこよくスタッフを回していた
スタッフマスター寛太

が一気にお笑いへ傾倒する
火喰い de わんこ
もコレで見納め(多分)













炎剣殺陣も本領発揮









炎剣舞殺陣からフィナーレ!

イヨイヨ、寛太、おこたんぺが踊る中
イズミとノリでファイアーロープを張り

その下をイヨイヨ&寛太が
ファイアーリンボーダンス

まず胸位の高さをイヨイヨが潜り
次は寛太が腰の高さを何とかクリアー

普通なら、ここからはファイヤー長縄跳びで
おこたんぺ、イズミ、ノリの順に飛ぶんだけど
本日、大須ラストのパフォーマンスには
スペシャルシークレットゲスト





















今宵限りの夢の共演































火付盗賊、幻の6人目














































膝下の超低空リンボーダンス


チャーーーーーターーーー!




ってか何だよ その格好w
マスクマスクマンマンちゃうんかいw

 _, ._
(;゚ Д゚)
















マスクマスクマンマン選手対透明人間
去年「パントマイムプロレスリング」で

火付盗賊全員の心を鷲掴みにしたチャタが
2009年大須最後の炎舞に飛び入り参加

超低空過ぎて何だか怖いんですけどw

今にして思えばスタートの時から
ステージ脇に居たの見えてたんだけど

チャタだとは思ってなかったw
怪しい不審者が居ると思ってたのは内緒






火付盗賊 with チャタでぐるぐる

2番目に入れたんだが
コレがまた良い動きをするんだw


6人隊形で変則フィニッシュ

最初はちょっと明るかったけど
クリスタルのあたりから急激に暗くなってきて

フィナーレのころには
完全に夜になっていたから

観客のみんなにも
夕暮れ時のマジックアワーから
暗闇の中、強烈に輝く力強い炎舞まで

楽しんでもらえて、火付盗賊としても
満足のいく内容でした


そして、この場を借りて
素晴らしい写真を提供してくださった

もん様

香奈様

レイジ様

ほろ酔いケンジ様

かじママ様

きむ様

ZION様

ありがとうございました





大須大道町人祭の全行程を終え

出演者6名で記念撮影

チャタよ・・・そこに挟むのかw


そして今回も差し入れやら
ビデオ撮影やら写真提供やらと

陰で暗躍大活躍していた
杉山夫妻とも記念撮影

今年もありがとう!






炎舞関係の道具は使わないから
そのまま車持って来て収納

火付盗賊の撤収と同時に
大光院会場の撤収も終わり

さっきまでの喧騒が嘘の様に
あたりは静まり返ってて

大光院も普通の寺社に戻った

今年も事故無く終わってありがとう
来年もまた縁が在ったら宜しく

火付盗賊全員で不動明王にお参り








みんなと別れて白龍に戻り

宿の前でずっと喋ってた俺を除いて
全員シャワーと着替えを済ませ

打ち上げ会場へと向かう

何か団長の尻から
ライト系の道具がはみ出てるw

途中あった雑貨屋でお買い物
イベント中は込んでるし

買い物したくても出来ないもんね
つい1時間前は
人でごった返していた通りも
祭りが終われば御覧の通り

寂しいような
安心したような
そんな感じ

大須大道町人祭で
お店は結構売れたのかな?


今は長引く不況で商店街主催の
イベントがどんどん消えてるけど

大須は毎年楽しく参加させてもらってるし
火付盗賊が来てる事で
少しでも貢献できてたら良いな

毎年見に来てくれる人たちも
呼んでくれる大須の人たちも

また来年、33回目の
大須大道町人祭で会いましょう

再見!





そして毎年恒例の打ち上げ会場へ

色々と筆舌にしがたいクライマックスが
いま始まる・・・・・・



To Be Continued...