大須大道町人祭
Ohsu Street Performing's Festivals

2008年10月10−13日、執筆構成イズミ

去年に引き続き、今年も大須大道町人祭へ
火付盗賊+ゲストで出演してきました

今年のゲストは元火付盗賊の炎舞師にして
クリスタルボール使いの「龍」が参加

東名に近くて、葉山からも行き易いって事で
午前0時に登戸駅で待ち合わせて名古屋へ

恒例の忘れ物で予定が30分遅れたのは内緒
この時の物が後に惨事の元になるとは・・・

余談だけど、龍は俺(イズミ)と一緒の
ゲストハウス田中に住んでます
NORIは朝から仕事だったようで
眠い&疲れてそうなので運転は
前半イズミ、後半龍で行きます

晩御飯を食べてなかったので
東名入って直ぐの海老名PAで晩飯

最初は皆腹が減ってない様で
俺だけ冷やし狸蕎麦を注文して
食べてたんだけど、人が食べてると
自分も食べたくなってくるのが人の性

結局黒胡麻担担麺を食べてますね

↓の写真がゲストパフォーマーの龍
火付盗賊の仕事なのに他のチームの
パーカー着てくるとは良い根性してるぜw



昔だったら名古屋は遠く感じたんだろうけど
金沢とか神戸とかの仕事が増えてきたので
体感的に凄く近い気がする、運転交代忘れる位ね

大須の宿屋は、午後から利用できるので
まずはイヨイヨの実家(今は鶏だけ住んでる)に
行って軽く寝ておこうと思います

名古屋市内に入り、出口を聞く為に
イヨイヨを起こして実家に近い出口を聞く

・・・が「どこだか全然わからない(’’」と
NORIを起こして聞いてみても解らない・・・

そうこうしてる内に名古屋を過ぎてしまい
PAに停まってお店で聞いてみると
やっぱり行き過ぎだったみたいで
「地元じゃないと解りづらいですよね〜」と
言われてしまいましたね・・・
場所を聞く為、PAに停まったのが5時45分位
ETCなので6時までに高速降りたら
料金が深夜割適用になるはずなので
急いで次のインターに向かう

多分6時0分40秒とかでインターを抜け
下道で名古屋のイヨイヨ実家へと向かう
が、やっぱり本人が場所を覚えて無いので

携帯のナビ機能を使って進む事に・・・
思えば最初から携帯使ってれば良かったじゃん

にしても名古屋の道は凄い広いね
車線幅も路肩も交差点も大きくて走りやすい
東京のすれ違いギリギリの道ばっかり走ってると
特にそう思うのかもしれないね


イヨイヨの道案内に惑わされながら
ナビを頼りに何とかイヨイヨ邸に到着

去年まであった門が撤去されてて
駐車しやすくなってました

でも門が無くなっちゃうとピッピ(鶏)を
小屋から出せなくなってちょっと残念

それぞれの荷物を運び込んで
道具の最終調整をする人
音楽の調整をする人
ネットで連絡する人と
それぞれの仕事をして

15時くらいまでオヤスミなさい
今回も長野から来るカンタは
そのまま大須に向うと云う事なので

グッスリと睡眠をとった後
東京組も大須へと向います

そーいえば去年はカンタの車が
不審車扱いされて通報され
めんどくさい事に成ったっけな

許可を得てイヨイヨ実家の近くの
空地に駐車してたんだけどね〜






1年ぶりの大須は相も変らず
去年も同じ事書いたけど

大須の町は東京で言ったら
秋葉原、浅草、上野、吉祥寺、高円寺を
1つにまとめたような感じの町

名古屋の中心街に近いながら
この下町な空気が凄く良い

明日からの2日間、この町は
全ての空間が歌劇場となり
全国から30万人の観客が集まって来る
祭の事務所に顔を出してから
去年もお世話になった旅館
「白龍」にチェックイン

先に来ていたカンタとも合流

さっそく一人部屋ゲット〜♪
と思ったら無線LANが入らないorz

電波探してウロウロしてみたけど
1階じゃ何処も繋がらないみたい

しかも皆押し寄せてきて
衣装合わせも始まっちゃうし
この部屋全然落ち着けないぜ
火付盗賊団員の衣装は問題無いけど
ゲストパフォーマー龍の衣装が決まらない

余分に持ってきた衣装を組み合わせて
あーでもないこーでも無いと試行錯誤

龍が持ってきた仮面も合わせないとね
クリスタルボール構成のメンバー
龍、イヨイヨ、カンタにも仮面を被せて見る

・・・・・・これってきも可愛い?
お気に入りのコートを取られて
仮面の上からも哀愁漂う団長と

コートと仮面を身につけて
自分に酔いまくりな表情の龍

団長・・・悲しみのあまり
そのまま箪笥の奥に引っ込みそう

でも龍の方が似合ってるから
仕方が無いですかねw
この写真、場所が場所だけに
旅館のお出迎えする一家に見える1枚

左端、仮面旅館の主
    最近息子がグレてオデコ後退

右端、仮面旅館の女将
    グレたショックで無表情にw

中央、仮面旅館の跡継ぎ(一人息子)
    最近グレて仮面を半分にしたドラ息子

的な絵に見えてしまうのは俺だけか?



衣装が決まった所で、みんなで夕食
去年も行った(イズミは通い詰めた)
海鮮丼屋、若狭屋へ向う

東京にも店舗はあるみたいだけど
「大須海鮮丼」や「しゃちほこ丼」
「扇丼」ってのはココだけなんじゃない?

去年通い詰めたけど
オバちゃんたち覚えてるかな?
この交差点の信号機は随分変ってるね
この通りは秋葉原でお馴染みの店から
ゲーセン、ラーメン屋、民族雑貨と
色んな店があって、去年もメモリーとか
電気工具とか買って帰ったっけ

途中にあったアウトレットショップに寄り道
俺はさっさと御飯を食べたかったんだけど
結局30分位足止めされちゃった

因みに海鮮丼屋のおばちゃんは
バッチリイズミの事覚えてました(・ω・)bグッ
帰り道、二次元一色の店に
興味を示す団員達・・・

みんな止めるんだ!
中途半端な気持ちで入ると
帰ってこれなくなるぞw

某赤い彗星の衣装は
ショーで使うのもありかもw



途中にある明日の夜の舞台
大光院明王殿を下見

六地蔵ならぬ九地蔵が居て
雰囲気的には凄くいいけど
見た限りでは床が結構滑りそう

空は電線も何も無いから
火吹きやインジェクションは
全く遠慮せずに撃てそうだね


宿から近い公園で構成の最終調整
特に去年の蓄積の無い龍は大変そう

カンタにとっては自然な動き?の
火喰いダンスも俺達には難しいんだぜw

公園では他にもヨサコイの練習
どっかの劇団?の練習
ジョギングしてる人達もいて

近くに大きな道路があり
昔よく遊んだ代々木公園に少し似てる

規模は大分小さいけど、イズミや龍は
特に思い出深い公園だから
なんだか懐かしくなっちゃった
休憩を挟みながら練習練習

イヨイヨ実家で休んできた
東京組はいいとしても
朝から寝てないカンタは眠たそう

途中から小雨がパラつき
2時頃に練習を切り上げて撤収

明日の天気は小雨?曇り?
あんまり快晴でも火が見えないから
若干曇りくらいの天気がいいですねー




大須大道町人祭1日目
何時の間にか昨日の雨は止み
外をみると見事な快晴orz

10月11日(土曜)、今日の予定は

1回目 12:40-13:20 ふくすけや前
2回目 14:40-15:20 文長通
3回目 19:20-20:00 大光院明王殿

1回目のふくすけや前は火付盗賊
初登場なので早めに行って準備だな

大光院は一昨年でたみたいだけど
去年から参加のイズミはお初の場所
寝ぼけ眼の団員達を起こして朝御飯

キュウリとカブの漬物に出汁巻き卵
蓮根と筍の煮物に味噌汁と白米
日本の朝食って良いよね

余談だけど、旅先ってさ
天気予報でいつもと違う地名や
天気図見たときに実感しません?
それぞれ着換えとメイクを済ませ
女将と犬の声援に送られながら
旅館の直ぐ前にある駐車場に集合

台車に燃料、消火器、油付け缶
油切り缶、蛇のトーチ、スポイト
俺の飲用灯油と徳利を積んで

道具は各自自分で持って移動

夜寒くなることを想定して
外套を着ているのですが

昼は日差しも気温も文句無く暑い!


出番の30分前にふくすけや前到着

火付盗賊御用達の文長通りの
1本向こうの路地を入った所で
ここも普段は駐車場のようですね

文長通りと違って通りを
真横に見ながらのパフォーマンス

行ってみると直射日光燦燦
おまけに背後は紅白幕だし

炎舞しても見えるかな?
客席の後ろでガチャガチャと準備

俺達の前は「ちんどん通信社
賑やかなチンドン屋さんの音色で
俺達の準備の音が掻き消えて

ガチャガチャと準備しなきゃならない
俺達にとっては非常に助かりますね

他の芸人さんと違って
準備に20分以上掛かる上に
音もかなり出てしまいますから

静寂系の芸人さんのときは
かなり気を使わないといけませんしね
さぁさ、今年の契約社員の初披露ですよ

MC、指揮、火喰いにクリスタルボールと
出番満載で緊張してませんか龍ちゃん?



2008年、大須最初のパフォーマンス
1回目 12:40-13:20 ふくすけや前

新世界の音色に合わせ
青い空を切り裂く緋色の炎

さっきよりは影の部分が増えたけど
それでもやっぱ明るすぎだよね

背景も白い壁の家が多いから
ちょっと残念な火力になっちゃうけど

それでもお客さんの入りは上々
いつもの様に徳利から油を呑むと
口の中に異変が( ̄Д ̄;)!!

いつもの味と激しく違う・・・
なんだか生クリームのような甘さと
なめらかさが口いっぱいに広がる

あとからチェックしてみたら
徳利の中には得体の知れない何か
不思議な黒い苔的なものが・・・


良い子のみんなは決して真似しないでね
運が悪いと死んじゃうよ!
去年に引き続き
男4人で舞う火喰いの舞も健在
やっぱり、むさ苦しいですよねw

この辺りから日陰が大きくなってきて
日に押し負けていた炎も大きく
綺麗に見えるようになってきました

実はファイヤーパフォーマンスも
明るいほうが危険で、何故かと言うと
夜なら視覚的に見て、どの辺りまでが
危険なのかが染み付いているので
滅多に燃えたりしないのですが

昼間だとその危険範囲が視認しづらく
結果的に髪や衣装、体が焼けてしまい
観客にとっても火が見えづらい・・・

火付盗賊最大の敵は御天道様ですね
昼のフィナーレも去年に引き続き
シブサ改でパフォーマンス

一列に並んでグルグルもありますが
いつも2番目の団長がタイミング
間違ってぎこちない動きになりますねw

なんであんなにぎこちないんだろうw
最後もイズミの火吹きで〆ます

最後のこの構成の関係上
5人並んだときに私が中心なんですよね

衣装も赤いし、ちょっとリーダー気分
(ヒーロー戦隊モノ的な話)

このあと龍のMCで投げ銭集め
珍しく緊張していた龍がなんだか初々しいw



次は14時40分からホームの文長通りで

去年も6回中3回が文長通りで
今回も6回中3回公演をする文長通り

今年も紅白幕が貼ってあるのかなぁ
文長通りでは「un-pa」の出番が
丁度終ったところでした
見ての通り銀人さんです

去年は道をパフォーマンスしながら
歩き回るロービングでお見かけしました


この後、火付盗賊の出番なのですが
40分(出演者の持ち時間)の休憩があり
そのあと我々の出番なので

準備にも余裕がありますので
本部からお弁当を貰ってきて
昼食を頂きます、栗御飯美味しいです




2回目 14:40-15:20 文長通

写真を見れば解ると思いますが
またしても直射日光の下で
炎舞になってしまいました

1回目に引き続き
なんてこったい\(^o^)/
な状況です・・・orz
太陽光を受けて蒼紫色に光る
クリスタルボール


余談だけど、この写真→

ファイナルファンタジーとかの
ラスボスに見えるのは俺だけ?
カンタの柔軟性を生かした
海老反りスタッフ

今年のテーマは
出来るスタッフと
出来ないスタッフのギャップ

カンタはどんどん
クラウン(ピエロ)的な
方向に進んで行きますね
スタッフの後は
イズミと龍のポイ

高速で動くポイは
昼間にかなり弱いんだけどね
龍のポイが凄い長く見えるw
ポイってより鎖分銅っぽい







最後の回の大光院は宿からの方が
近く、時間も4時間ほど空くので
一旦宿に撤収します

宿に帰る途中、道端に泊めてあった
アンティークカーに群がる盗賊達

ざっと見る限り整備中のようだけど
ナンバー着いてないし走るのかなコレ?
宿に戻って夜まで一休み

髪が燃えちゃったんで風呂に入り
軽く仮眠をとって他の演者を見に行く

夜の会場である大光院にいくと
サブリミット」のパフォーマンス中でした

お客さんの靴を借りてきて
それを使ってメテオとかやってたなぁ
茶屋で一服中のNORIとイヨイヨ発見
懐かしのふれあい広場で
サンキュー手塚」の
パフォーマンスを裏から見物

大須の町を徘徊してる内に
日は沈み、そろそろ俺達の時間

夜の火付盗賊は芸人殺しだぜ











3回目 19:20-20:00 大光院明王殿

衣装直し、メイク直しを終え
18時40分、会場の大光院に向うと
ダメじゃん小出」のパフォーマンス中
超満員の人手で会場に入れない

一昨年はどうしたのか聞いてみると
隣にある駐車場で準備して、油付け
油きり、補充全て終った状態で
会場に運び込んでいたらしい・・・
それ先に言ってくれないと解らんぜw

駐車場へ行ってみると、柵越しに
会場内へ荷物が運び込めそうな所を発見

近くに居たスタッフさん達に手伝って貰い
会場の片隅に道具を置いてもらう

荷物の移動で予想外のタイムロス
急いで油付け、補充、トーチのセットをして
MC入れてパフォーマンス開始!

あとで解ったことだけど
開始予定時刻(19時20分)より
10分も早くスタートしちゃってました orz



昼は控えめだった炎扇の光も
力強く水晶玉に無数の炎を映し出す

昼は太陽の紫外線で青紫に光り
夜は炎の力で透明な輝きに光る

やっぱクリスタルボールと
ファイヤーパフォーマンスは相性良い



昼間と違ってファイヤースタッフも
夜バージョンにチェンジ

カンタのソロスタッフソロプレイから
カンタと龍のダブルスタッフへ

8つの炎が縦横無尽に駆け巡る


ポイ部隊もイズミとNORIの封印解除

昼バージョンで足に着てた赤い布
あれが動きを制限する封印だったのだ
特に昼はやる気でませんしねぇ

足が自由になったことで
技のキレ 40%UP
動き易さ 30%UP

高火力のポイは勿論
ポイオブザデス(スネーク)も解禁

火力が強すぎて太陽みたいに
なっちゃってるけどねw










太陽の下では黒い棒に見えてしまった
炎の剣も、星の下でその真価を発揮

陽炎のように空間を歪ませる斬撃
刀を弾いても襲い掛かる炎の渦


フィナーレは火力全開のアトランタ
ショーが終ってNORIと龍がMCやってる間
投げ銭入れを持って会場を回る

お客さんに囲まれて写真撮ったり
サインしたり握手したりしてる間に
時間切れになってしまったようで

次のパフォーマンスが始まってしまった
10分早く始めてしまったから
かなり時間は余ってたはずなんだけど
どんだけ客席に居たんだろう?



この後は人間美術館「雪竹太郎」
静寂系のパフォーマンスなんで
片付けすると音がうるさく

投げ銭を缶から袋に移す際も
シーンとしている時は完全停止

観客が笑っている時だけ動いてを
繰り返して、何かのゲームみたいでしたw






雪竹さんが終った後俺達も撤収を始め

全てを纏めて宿に帰ると
時刻は既に21時半を回っていた

名古屋近郊に住む炎舞仲間も
何人か遊びに来ていたので

化粧や煤を軽く落として
みんなで連れ立って夕食へ

何たべたって?
また海鮮丼ですよ(*´ε` *)

そうそう、ここの海鮮丼屋は
チャレンジメニュー完食者の写真と

店に訪れた著名人の写真と色紙を
壁一面に飾ってるんですが

そこに火付盗賊+@の写真を
飾ってもらえることになりました
ちょっと照れ臭いけどねw (〃´・ω・`)ゞ
近くまで行ったら見てみたら良いかもよ?
夕飯を食べ終わると時刻は23時

現地の炎舞仲間とお別れし
旅館のほうへと歩いていくと

去年も遊んだ富士山滑り台と
キャプテンブランコのある公園を発見

ここも幟に書いてあるように
プロレスの会場みたいですね

夜間なのでリングはテントに覆われ
見る事は出来なかったけど

富士山滑り台で思う存分遊ぶ良い大人達

追いかけっこしたり、プロレスごっこしたり
はしゃぎ回る・・・楽しそうな所わるいけど忠告
明日のパフォーマンスに支障が出ないようにねw

しかしこの富士山は中々侮れませんな
頂上付近は急角度になってるのは勿論

白い部分はピンク部分に比べて滑り易くて
容易に登れなくなってます
富士山公園で遊ぶこと10分

やっぱ一日3回のショーは体力奪われるし
昨日も深夜まで打ち合わせで寝不足なので
明日に備えてコンビニ寄って帰りましょ








大須大道町人祭2日目
晴れだけど、薄雲がかかっていて
直射日光の燦燦って感じじゃなく
レースを通した様な柔らかい光

10月12日(日)、今日の予定は

1回目 11:20-12:00 長門前町 北
2回目 13:00-13:40 文長通
3回目 17:40-18:20 文長通

どちらも去年やったステージだね
長門前は狭い通りを使ってたっけ
近くに服屋があって気を使う所

宿からは結構近いので10時45分出発
11時ちょっと前に到着って感じ

普段は歩行者天国の大通りを
横に繋ぐ車道なので、11時前だと
まだ閉鎖もしてないしPAブースも無い

とりあえず通行止めになるまで
横の駐車場で油付けでもしときますかね


1回目 11:20-12:00 長門前町 北

今年も細長い会場を横に使って炎舞
他の人は縦に使って人を多く入れるんだけど

俺達の場合は横幅が少なすぎると
思わぬ事故が起きる可能性が高くなるので
敢えて人の入りを抑えて横を広く取る

朝一だから結構明るかったけど、嬉しい事に
今年は片面に黒い布が張ってあり

それを背にする事で昼でも炎が魅せ易い
これ昼にパフォーマンスする時の豆知識な

2日目の炎舞写真は今の所この回のみ
心なしかイヨイヨばっかりな気がするけどw



2回目 13:00-13:40 文長通

俺達の前は「三雲いおり
技は勿論なんだけどトークがヤバイw

観客を盛り上げるだけじゃなく
片付け中の「加納真実」さんや
準備中の火付盗賊もいじってくるw

何気に他の出演者の宣伝まで
織り込むとは・・・これがプロの仕事か
文長通り会場のスタッフさん

準備も撤収も時間が掛かる
我々を手伝ってくれて
ほんと助かりました、ありがとう
アコる・デ・ノンノン」の演奏を聴きながら
使い終わった道具の後片付け

次(夜の最終回)も同じ会場なので
スタッフスペースの端っこに纏めて置いておく

流石に2日で5回の炎舞を終えて
みんなお疲れ気味ですね〜
早めに宿に戻って英気を養いましょ
駐車場の片隅でちょっと休憩



そして不意に聞こえる
俺達の使っている音色
この音はもしかして
直ぐ隣のふくすけや前会場で
パフォーマンスしていたアルカマラーニを発見
やっぱりあの音はアルカマラーニだったかぁ

去年もそうだったんだけど
今年も一緒の音を使ってたんだね

肩車して貰わないと見えない位混んでた
やっぱベリーダンスは人気あるね







ふくすけや前でベリーダンスを堪能した後
文長通りから歩いて5分程の所にある大須観音へ

大須観音もパフォーマンスの会場になっていて
拝殿へと続く大階段を使った「大須観音中央」

境内の左右にある「大須観音東」「大須観音西」
3つの会場が密接しているので、当然人も多い

特に「大須観音中央」は最高峰の会場で
オープニングセレモニーもここで行われる

・・・・・・・・・・
な〜んて写真を撮影してたら皆と逸れた私orz
何処に居るのか探して回ると
「大須観音東」会場の最前列に
火付盗賊関係者6名も確認

おまえら人のパフォーマンス会場で
何やってるんですかw

ってゆーか一体何がでてくんだ?




























( ゚д゚)










(つд⊂)ゴシゴシ










(;゚д゚)










(つд⊂)ゴシゴシ







 _, ._
(;゚ Д゚)








ちょwこの気品溢れる変態紳士はw

去年もおこたんぺと一緒に写ってた
「パントマイムプロレスリング」の
あのお方じゃないですか!

演目はマスクマスクマンマン選手vs透明人間
写真じゃ全く伝わらないだろうけど
透明なのに相手選手が見える気がする

2人の死闘は一見の価値ありですぞw
凄絶な死闘を終え
半裸になりながらリンボーダンス
あんなに低いのは初めて見たわ
マスクマスクマンマンと火付盗賊集合写真

実は写真を3枚ほど撮って
一番良かった物を使っていますが
全ての写真でNORIだけ目線がズレてます
彼はいったい何処を見ているんでしょうかw





パントマイムプロレス観賞後

空き時間が3時間ほどあるので
ココからは各自、自由行動

それぞれの見たい芸人さんを見たり
買い物をしたりですかね

私は昨日に続いて若狭屋で御飯ですw
途中「名古屋祭り」の行列に遭遇
凄い人だかりで前に進めませんw

殿様を乗せたパレードカーだけは
辛うじて撮ることができました

御飯食べたの後はお気に入りの
おじゃるず」を見て宿に帰還



3回目 17:40-18:20 文長通

日が落ちて寒い中
300人近くの人が集まってくれた

公演6回目、2008年
大須大道町人祭最後の炎舞
去年に引き続き

見に来てくれた人

呼んでくれた人

手伝ってくれた人

ありがとう(*´∀`)b


今年も大いに楽しみました
来年も是非参加させて頂きたいので
2009年も
火付盗賊を


宜しくお願いいたします
炎舞写真を提供してくださった

山田 浩様

もん様

香奈様

レイジ様

ほろ酔いケンジ様

尾藤 幸彦様

nt007様

とりい様

まちゃさん様
動画と写真を提供していただいた

☆花☆様

Zion

かじママ様

ありがとうございました
パフォーマンスが終った後

現地のファイヤーパフォーマーや
火付盗賊のファン達と記念撮影

そのまま話し込んでしまって
撤収手伝えませんでしたorz

会場の撤収作業も始まったので
皆が纏めてくれた荷物を持って
雑談会場を宿屋前に変更です
大道芸イベントに付き物の
容量の限界に挑戦する小銭入れ

これでも前日分は買い物したり
御飯食べたりでかなり消費してます

銀色のほうは殆ど500円硬貨
100円硬貨だったら凄い事になるねw
重さは1kg位あります、重いです
毎年恒例の打ち上げへ
残念ながら打ち上げの様子は
写真、文章ともに書けませぬw

見たい人はボランティアになるか
パフォーマーになって潜入してみてw







大須大道町人祭後日談(3日目)
10月13日(月)、天気は晴れ

昨日最後のパフォーマンスが終った後
カンタは岐阜で行われるイベントへ出発
(夜間に3回パフォーマンスするらしく
今日一日で6回もパフォーマンスするらしいw)
打ち上げが終った後に龍も東京へ帰還

なので今日は3名で大須観光
気になってたスッポンラーメンとか
民族雑貨屋巡って衣装になりそうな物探索
トルコアイス屋のにーちゃんに
散々弄ばれる団長
いい雰囲気の路地裏発見
手前の窓とか味のある扉とか

童心をくすぐる物が沢山
団長が痛くお気に入りのたこ焼き屋が
あるってんで、ちょこっと寄り道

最近まで店を閉めてたらしいんだけど
大須大道芸に合わせて再開したのかな?

醤油とソースは見た事あるけど
味噌とポン酢ってのは初めて

最初は味噌1舟だけ頼んだんだけど
おまけでもう1舟付けてくれるってんで
ソースと味噌の2舟注文
出来立てのたこ焼きを
店の横にある休憩スペースで喰う
予想外(失礼)にも味噌タコ美味

こんなに美味いなら
他のも食べたい衝動に駆られ
残りの醤油とポン酢も注文

ポン酢は中々不思議な味でしたw

こうして大須商店街探索を終え
実家に帰るイヨイヨを残して
東京へと帰還いたしました
最後になりましたが

大須商店街の実行委員

スタッフの皆様

お世話になった宿泊所、お店の皆様

気軽に声をかけてくださった芸人の皆様

声をかけて励ましていただいた方々

何度も見に来て下さった方々

ファンレターを下さった方々

来てくださったすべての人に感謝です
本当にどうもありがとうございました