大須大道町人祭
Ohsu Street Performing's Festivals

2007年10月19日、執筆構成イズミ

愛知県、名古屋の大須で開催された
「大須大道町人祭」に参加してきました

10月20、21日の2日間
大須町内の18箇所にステージを作り

50組近いパフォーマー達が
入れ替わり立ち代りパフォーマンス

ファイヤーショーあり、金粉ショーあり
クラウン、舞踏、ちんどん、叩き売り
マイムにジャグラー、アクロバットと

一口に大道芸と言えど多種多様な
パフォーマーが集まっている
前日の19日に現地入りして
公演予定のステージを軽く下見
電線の配置や、床の材質
道具の下準備をできる場所が
あるのか無いのかの確認


大須の町は東京で言ったら
秋葉原、浅草、上野、吉祥寺、を
1つにまとめたような感じの町

名古屋の中心街に近いながら
この下町な空気が凄く良い


明日からの2日間
この小さな町は巨大な歌劇場となり

30万人の観客が集まって来る
お腹が空いたので
大須の中にあった
創作料理のお店に入る

古民家を改築したつくりで
大正の香りがしました

明治の文豪風の「おこたんぺ」と
次回作のジャンルを水晶で占うカンタ
恵那地鶏の蒸御飯を堪能し
一旦宿に帰ってから

近くの高架下で構成の最終確認


昼間の公演と夜の公演で
若干の構成変えがあるが

基本的には昼も夜も
魅せられる構成を組んできた
大須の町はそんなに
大きい訳ではないが

1回づつ公演をやってから
>片付けして>場所を移動して
>準備して>次の公演開始
>そしてまた撤収

という流れなんで
油付けと油切りに時間が掛かる
俺達は多分大忙しになるはずだ

持ち時間は各出演者ごとに
40分なのだが、その中で
準備と公演、撤収までを
済まさなければならない

しかも俺達、公演時間32分
ちょっと長くしすぎちゃった
一通りリハーサルを終えて
宿に帰るころには午前2時を過ぎていた

明日も朝早くからメイクやら道具やら
準備しなきゃいけないんで
今日は夜更かしせずにさっさとご就寝

あ、因みに今回の公演は
昼間が多い為、契約社員として
クリスタルボール使いの「おこたんぺ」を
連れて来てみました・・・

彼は寝ててもクリスタルのボールを
落とすことはありませんw
それでは皆様、おやすみなさい








大須大道町人祭1日目
10月20日(土曜)、今日の予定は

1回目 13:20-14:00 文長通
2回目 16:40-17:20 ふれあい広場
3回目 19:20-     文長通

2回目は夕方の微妙な時間なんで
昼構成か夜構成か悩むところですが

この日のステージの中では一番大きく
集客もかなり見込めるので・・・どうするか
全員顔にイヨイヨ作のペイントしてます
衣装の統一感は出してないけど


小物で統一感出すのも良いよね
あー、カンタは自分でメイクしてますね

素直にメイクして貰えばいいのに



台車に燃料、消火器、油付け缶
油切り缶、蛇のトーチ、スポイト
俺の飲用灯油とトックリを積んで

道具は各自自分で持って移動

夜寒くなることを想定して
外套を着ているのですが

昼は日差しも気温も文句無く暑い!
ガラガラと台車を引いて
1回目 13:20-14:00 文長通の
公演に向けて出発

出番の1時間位前に着いてないと
準備ができないんでね
途中、道がやたらと混んでると思ったら
「おいらん道中」と「大駱駝艦」が居りました

なんというか、俺達も非日常の中に
身を置いてはいる訳ですが

この光景はやっぱ刺激強すぎですよw

だって花魁と全裸金粉まみれって
取り合わせは世界広といえど

ここの交差空間だけだと思います!
文長通に到着し、前の出演者を見ながら
ゆっくりと道具の準備に入る

写真は無いのだけど
200人位集まってくれて

滑り出しは上々!

ちょうどビルの陰になってて
直射日光の下で炎舞する事にはならなかった

ちょっと風が強めだったが
髪を少し焦す程度で済んだのは幸いだ

まぁ欲を言えば、後ろの紅白幕は
勘弁して欲しかったりするw

黒なら昼でも炎が見えるのだが
紅白だと全くみえていないんじゃないかと・・・


2回目 16:40-17:20 ふれあい広場

碁盤の目のような大須商店街の
ちょうど目の位置にある休憩所
巨大な「招き猫」の像があるふれあい広場

ちょっと奥まった駐車場の「文長通」とは違って
普通に歩いてるお客さんからも見える為

もの凄い人数が集まっていました
ステージ以外の場所が殆ど無いので

道具は事前に文長通で準備してきました


まずは団長のMCが入り
注意と心得を説明、消火器をセットして


炎舞開始

おこたんぺの指揮に合わせて
NORIとカンタの火炎放射器が火柱を吹き上げる
そしてイズミの火吹きも途中から混ざりだす

明るくても、遠くにいても
この炎を見て人は沢山集まってくる
イヨイヨのベール、俺達のフラッグで
1曲目が終わり、2曲目はおこたんぺのクリスタル

静止しているようでいて浮遊感もある
そんな不思議なおこたんぺワールド

初めて目にする観客も多いようで
みんな食い入るように見つめています
イヨイヨとカンタが
照明というか飾りとして

柔軟系のパフォーマンスと
炎扇で華を添える
イズミのポイ、カンタのスタッフ

それぞれの
ソロパフォーマンスを経て

団長のポイスタッフ全持ち
そしてベリーダンスの時間

やっぱベリーダンスは盛り上ります
俺の出てる意味は無いんじゃないか・・・


ベリーダンスが終わると
むさ苦しい男衆4名による

クロネコのタンゴde火喰い
個人的には罰ゲームだと思っとります
炎剣殺陣できっちり締めて

フィナーレのシブサシラズ
全員でコミカルタッチにパフォーマンス
最後はみんなでバーンナウト

自己紹介を入れて
投げ銭集めに向かいます




夜、3回目の炎舞は、19:20から文長通

今回の祭りで炎舞するのは6回
そのうち3回がこの場所でやる事になる

しかも今日、明日とこの場所の
トリを勤めるのも俺達火付盗賊だ

もう文長通を俺達の
ホームと呼んでも良いかもしれないな
昼とは構成も道具も若干違うため
使う道具をきっちりと用意しておく

昼よりも風は収まっているようだが
その代わり気温が下がってて非常に寒い

昼暑くてもマント持ってきて良かった
こんな寒い中、観客が沢山集まって
くれたことも嬉しかったけど

俺達の前の出番の東京マッドさんも
面白そうだから見ていきます!
って言ってくれた事も嬉しかったな


さー観客の皆さん、今から暖まる
ファイヤーダンスの時間ですよ

「御代は見てのお帰り」で
昼は単純に明るくても見えるくらいの
強大な炎と光量が得られるから吹いてる火吹き

つまり昼でも見えるほどの炎の塊を吹けば
夜ならまさしく地上の太陽のような物になる訳です

その上、気温も下がってたので
観客の皆さんにとっても丁度いい暖かさだったと思いますw



1日目の公演が全て終了し

火付盗賊が泊まっている
「白龍」前で看板持って1枚


この後、小腹が空いたのと
大須の町も見てみたいと
みんなで夕飯を食べに出る

・・・が、まだ22時だってのに
飲食店が軒並み閉まってる

ってか殆どの店が閉まってる
まぁ商店街が早いってのは解るが

御飯屋も閉まんのはえーよぉ!
開いてる飯屋が無くて
コンビニ飯で済まそうかとしていたら

団長が「海鮮丼」の店を発見

4種類までの魚介類の具を
好きに盛り付けられるシステムで
安いし旨いし全員大満足

因みに俺は「しゃちほこ丼」いきました

他に7人前食ったらタダの
挑戦メニューもありましたが
明日のことを考えて自粛

溜まった小銭を大分減らす事に
成功しましたw


海鮮丼食べた帰り
変な公園を発見!

だってブランコがキャプテンで
滑り台が富士山なんだぜ?!w



途中のコンビニでお菓子、つまみ
飲み物を買って宿に帰る・・・

後なんでか知らんが
私が猫雑誌「ねこかん」買ったら
みんなが笑ってました

なんか文句あんのかコラ



大須大道町人祭2日目
10月21日(日曜)、今日の予定は

1回目 12:20-13:00 裏門前町 中
2回目 14:20-15:00 裏門前町 北
3回目 17:40-     文長通

今日はバルーンアートもしてもようかな
裏門前町は大きな通の真ん中で
パフォーマンスなのですが

道のど真ん中なので
準備するスペースが無い

なので出発前に全ての準備を済ませ
道具を運んで広げるだけの状態にして置く



1回目 12:20-13:00 裏門前町 中

とうとうきてしまった
直射日光を直に浴びる舞台

確かに人の通は多いけど
こんなに太陽燦燦な場所で大丈夫なのか?
火付盗賊のショーがはじまる
少し前においらん道中の行列が通る

なんか花魁よりも御付の男のほうが
目立ってる気がしないでもない


この通で待っているカメラ隊は
花魁撮影したらさっさと撤退する
カメラマンも数人いたけど

それでもまだ沢山の人が
残ってくれている



2回目 14:20-15:00
「裏門前町 北」に移動

といってもさっきの場所から
20m位しか離れてないんだけどね

今回も前演者は東京マッドさん

バルーンアートでステッキを出すのやら
花火頭につけて火吹きやらと

何か相通じるものを感じますw
準備しながら笑ってますね

多分マッドさんが
「この後もっと凄い炎を使った
芸人が出てきまーす」とか言って

プレッシャーをかけて来た所かとw
こっちの準備も
あっちの撤収もあるのに

マッドさんに記念撮影を
せがむカンタの図

お付き合いくださって
ありがとうございます

ほら、はしゃいでないで準備よ準備
炎舞終了後
子供達にバルーンのプレゼント
風船キットと殺陣セットを
同時に装備して町歩いてます
3回目まで少し時間が空くので
それぞれどうするか相談中

イズミ以外は「一人プロレス」見に行くそうです
イズミは昨日の「海鮮丼」食べに行きます
昼御飯食べた直後ですけどね


大須の空はすっかり秋の色になっている




パントマイムプロレスマンとおこたんぺ

野良犬と戦ってたり
通行してくる自動車と戦ったり
透明人間と戦ったり

相方とジョギングにでたり・・・
そんな一人プロレスはどうだったのでしょうね
イズミは行ってないんで感想求む
プロレス終わったところで
ホームである文長通に集合

今回の前演者は
BMXの達人Mr.アパッチ

TVチャンピオンの
ジャグリングで日本一に
なったそうだ


で、そんな彼から一つ提案が
「僕も火付盗賊の
ショーに混ざってみたい!」
と・・・・・

結局その日はファイヤトーチを
持参していなかったので
断念したのですが

そのうち一緒に何か
やるかもしれませんね

ファイヤーチャリンコとか良いなぁ
公演6回目、2007年
大須大道町人祭最後の炎舞

昨日よりも少しは暖かいけど
それでも何か羽織ってないと
結構寒いくらいだ


この時間帯は祭り全体の
フィナーレの時間


多くの人の来場に感謝

筋肉痛になり、火傷をし
足裏をすり減らしながら炎舞した
甲斐があるってもんですね

      (*´∀`)b
昼と夜用で構成と音を
変えたのも良かったようで

昼見ても夜見ても新鮮な感動を
味わって貰えるよう精進します
大須商店街の実行委員

スタッフの皆様

お世話になった宿泊所、お店の皆様

気軽に声をかけてくださった
すごい芸人の皆様

去年の写真!をくださった方々

声をかけて励ましていただいた方々

来てくださったすべての人に感謝です
本当にどうもありがとうございました
今回のメンバー紹介

名古屋の話はアンタが居ないと始まらない
ご存知ファイヤーベリーダンサー「イヨイヨ」

笑える構成を考えてくれた
アイデアマンのスタッフマスター「カンタ」

クリスタルボールの魔術師
みんな大好き「おこたんぺ」

この人なしではチーム自体がありえない
音楽作成とMCはあんたの独壇場
火付盗賊団長の「NORI」

あとは私、ポイマスターの「イズミ」



最後に炎舞写真を提供してくださった


ういんど・あ・びーむ様

黄金のノラクロ様

かりぴ〜様

かっちゅー様

Zion

もん様

yukki様

ほろ酔いケンジ様

動画を提供していただいた

☆花☆様


ありがとうございました


スタッフと出演者、みんなが参加する
噂の打ち上げパーティー

ホテルのホール借り切って
行われてるんだけども・・・

ここが祭りの一番のクライマックスやね
とてもじゃないけど文章化できませんw

写真は火付盗賊NORI、イヨイヨ、カンタ
BMXパフォーマーのMr.アパッチ
百鬼人形遣いのユーカリちゃん
セ三味ストリートのピエール小野

来年もまた会えるといいね!

















おまけ 10月22日(月曜)

イズミ、NORIは東京に
カンタは長野へ

おこたんぺは
昨日の夜行バスで千葉へ

イヨイヨは名古屋の実家へ

みんなが散り散りになる前に
大須をもう一回見て回る
こ、これって「○ャン・ドゥ」じゃ・・・
でらって凄くって意味だっけ?
秋葉原に負けない位
電化製品が安いんで

全メディア対応のカードリーダーと
2GのマイクロSDをゲット

それと9999円の
デジタルビデオカメラを見つけて・・・
買わなかったけど今軽く後悔



大須中央観音にも御参り

この祭りのオオトリは
この階段でパフォーマンスをする

いつかここでやれます様にと
1円玉と5円玉をしこたま投げておいた
出来れば来年か再来年には
やれますように



お稲荷さんで
龍の口から出てる
御水のんで帰ってきました