59らく
Gokuraku

2006年5月20日、執筆イズミ
福島県郡山市を出発

明日東京都赤坂で行われる
GOCOO主催のイベント
「59らく」に参加するためにね

今回の参加は2005年の
新潟県小千谷市で主催した
春よ来い祭に参加してくれた
事への礼も兼ねている

義には義をもって返すのが礼儀
今回はホールのイベントなんで
炎は使いません

代わりに提供できるのは
バルーンアートくらいなんで

今回はロビーでバルーン作り
相変わらず荷物満載の車
これで川に落ちたり崖に落ちたり
いろんな修羅場を越えてきてるなぁ

とりあえず赤坂に出発
区民ホールを探すも見つからず

郵便局の配達員さんに聞いて
区民センターではないか?
との情報を得て出発
郵便局員さんの予想的中
GOCOOのメンバーを発見

KAOLYにことの顛末を話すと
「あれーごめんごめん
センターって言わなかったっけ?」

・・・言ってませんよ
ホールって聞いて探してましたよぅ
まぁ無事に着いたんでいいですよぅ
控室はGOCOOと一緒
とても光栄でございます

しかも食べ物も飲み物も
たくさん用意してあるっす
・・・・・・うまいっす

しかもこれみんな手作りだね


一通りお腹が膨れてから
控室を出てロビーの様子を見に行くと

TAWOOにみんなが来訪者にあげる
プレゼントを作ってました

手作りのマスカラだよ

会場には飾りつけもしてあります
左下が子供の遊ぶプレイルーム
下の写真は手製の竹馬




ロビー組み勢ぞろいで打ち合わせ
というか朝礼かな?

自分の風船ブースも用意しておきました
このバルーン帽子を被って配ります



ホールでミーティング

バルーンハット被ったまま出席
子タヲの注目を一身に浴びています
やっぱ子供は風船好きねぇ

む?・・・左から熱い視線を感じ
振り向くとGOCOO猛馬の熱い眼差し
「イズミ君、それいいね」

あげませんよ、僕のです・・・


打ち合わせが終わって開場

早速風船売り場には
子供たちが集まってきました

まぁ売り子がこんな怖い兄ちゃんじゃ
なんなんで売り子と助っ人を
あらかじめ呼んでおきました

確か呼んだのは3人だった気が
するんですが、結局読んでない奴も
何人か集まり・・・最終的に


放浪風船一味は9人も来てしまって
慌てて主催者GOCOO KAOLYに
入場パスを貰いに行きました
呼んでない→
呼んだかも↓

ハート型バルーンやマジックバルーンを
使って、花や動物、アクセサリーなんかを
作って子供たちに配っていく

呼んだ奴らが役に立って無い気がす・・・

プレイルームでも子供たちが遊んでますね
ベーゴマとか竹馬とか懐かしい遊びです
受付を女性だけにしてみました

んーやっぱ女のこの方が
こーいう場所は似合うね
風船を膨らませるのを
手伝ってますね


任せても大丈夫そうなんで
ちょっとステージ見てきますね














ステージでは丁度GOCOOのライブが始まるところ
ここでちょっとした提案がKAOLYから出される

俺たちにステージでポイを回してほしいと
もちろんルミカだけど、思っても見なかった
出番が巡ってきました、勿論快諾

準備して、短かったけど
GOCOOのステージで共演できました
たたき終わった後
KAOLYが挨拶して
みんなでステージに上がって
歌を唄って、今日のステージはおしまい
KAOLYが囲まれてる・・・
やっぱ人気高いね
あら、元気村で一緒だった
もとさん、春よ来い祭以来
すっかりGOCOOファンに
なっちゃいましたね
ホールから子供たちが
一斉に出てきたもんで

ロビーは大忙し
作っても作っても追いつかない
ほらほら、のんたんも
チャッチャと作って!!
KAOLYが戦況見舞いに来たんで
記念に1枚撮影

後ろに背後霊のように
もとさんが写ってる・・・・



終わりころに
トシとミホが遊びに来た
おー、よく来たな

もう終わりだけどな
お?

なっちゃんとサクラちゃんも
来てたのね・・・

顔馴染みばっか





・・・・・・・・・
イズ「あの人なにやってんだろね?」

イヨ「いっつもあぁじゃないの?」

イズ「まぁそりゃそうだけど・・・」

俺らが遊んでるうちに
どんどん片付けは進んでいき








最後にはみんなで打ち上げ

いやー福島から来た甲斐がありました
GOCOOの打ち上げもみんなでバカやって

酒飲んで(私は下戸なんでジュース)
騒いでと、楽しいイベントでございました

来年もやんのかな?