■ 写真 PHOTO ■



TENJIKU
長野REVE「天竺」

6月5日、午前9時
長野の和田スキー場で行われる
レイブパーティ「天竺」に向かう為
明治神宮前駅(原宿駅)へ集合

レガシィ組のNORI、RYU
弥生、放浪絵描き、ARAMは
既に集合済み、荷物の点検中

TOMO達が来るのを待ってます
すぐ近くまで来てるみたいだけど
渋滞にはまってしまって
なかなか抜け出れないみたい

スカイゴット氏の火付アクセも
今日貰えるということなんで
早く見たいですね

早く来ないかぁ〜


そんなこんなで10時頃
TOMO達が到着

アストロで来たのには
チョイビックリ

TOMOが知り合いから
借りてきたんだってさ

アストロ組は
TOMO、マリサ
hide、マリエ
マッキー、うみ

hideはマッキー、Nickと
SUI CREATIONという
バンドで参加

DJのNickが
まだ到着していないので
この場所で暫く待機

その間に、火付盗賊アクセを
みんなに配布


 NORI

  酋長チックな首輪
  赤の曲玉はカーネリアン(瑪瑙)

RYU

TOMOとお揃い

 TOMO

  RYUとお揃い

弥生

紫水晶を基調として作られた首輪
トップの金平糖(笑)がとても綺麗

 放浪絵描き

  ラピスラズリを基調として作られた首輪
  所々金色の筋が通っていて綺麗です


10時、Nickが到着したので
揃って長野へ出発

このまま中央道を使って
長野の会場まで向かう

会場のある岡谷まで
およそ3時間の距離

13時には着くのかな?



高速は結構込んでいて
甲府あたりまで渋滞

途中、八ヶ岳を望む
パーキングエリアで一休み

この時点で時間は1時25分
渋滞で時間を食ってしまった

アストロ組はまだ50km程後ろの方
暫く待つ予定だったが
時間が押しているので

到着を待たずに出発
ここから岡谷までは
そんなに遠くないのですが
時間が時間だけに急いで走る



14時過ぎに岡谷に到着
岡谷インターチェンジを降りて
市内のコンビニで一休み

後続のTOMO達にも
この場所で待ってると伝え
買い物&昼食

駐車場に直座りな奴等をみて
地元の人は怪訝そうな顔してました

ARAMはピグモンもどきやってるし
恥ずかしいから止めてよ

ホントにさぁ・・・

あ、TOMO達来たか・・・な?















ドッドッドッドッドッドッド

ドルルルルルウ






なんかキタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!




三菱のジープだ!
ってゆーか日本でこんな車走ってんだ
カッコイイな、NORIは早速乗ってるし・・・

上のジープは左端に写っている
リュウ君の車でした

火付盗賊のRYUと同じ名なので
間違いやすいですが別人です


ここで、買いだめと
会場の確認をして

いよいよ天竺本番て感じね









んで、迷ったり揉めたりしながら
なんとか会場の和田スキー場へ到着

着いたのは・・・6時位だったかな
思ったより時間がかかった


12時オープンのパーティだったが
会場に着いた時、人は全然居なかった
「皆無」といって良いほどに

恐らく、スタッフと、露店屋さん
あとは出演者達だけだったろう
正直に書こう

この解り難い場所、規模
そして建物を見て

更に室内だけで音を出すと聞き

「大丈夫か?」
「人は来るのか?」

と思った・・・・・・
と、とりあえず
場所を確保しておこう

TOMO達はテントを
持って来ていたので
それを張り、荷物を出してきた

俺たちはブルーシートで
その横に陣地を確保した

ポイを回し、ジャンベを叩き
ギター、スタッフ、ダブルスタッフ
持っている物で遊ぶ



日が暮れ、会場は闇に包まれる

火付盗賊ショップも開店
でも相変わらず人は居ない

音は室内から漏れてきているが
其れを聞く人間が居ないのでは
話にならない・・・・・
20時過ぎ
火付盗賊、火無しで遊んでいると
オーガナイザーから

「火でやって見せてください!」
とお声がかかり

俺が室内で火をつけると
みんな火を付け出した


そーいえば初室内炎舞だなコレ




10時、コンビニに買い物に行くため
イズミ、弥生、RYU、ARAMで
山を降りる途中、暗闇の中に光りが


車を停めて目を凝らすと
見ずらいけど野生の鹿

自然に囲まれてるなぁ
俺の実家を思い出す


山を降りる途中、レイバーらしき
車と結構すれ違いながら走る

帰ってくる時は会場が
イッパイになってたら良いなあ

でーコンビニで買い物を終えて
急いで会場に戻る

俺たちの最初の出番
火付盗賊音楽担当のhideが所属する
SUI CREATIONとのセッション

SUIは23時からの演奏なので
会場に帰り着いてから直の出番

打ち合わせは無し
各自で音に合わせるフリーセッション

この頃には会場にも100人くらい
人が居て、結構な盛り上がり
SUI CREATIONは

マッキー ジャンベ
hide ジャンベ
Nick DJ

という構成
最近髪を切ったTOMO

女専用のイメージがある
ファイヤーファンズ

それをまさかこんな動きで使うとは
やっぱりコイツ只者じゃない

普通の髪型なのに
この服装、この動き、この表情
このギャップで変態チックに見える


  

室内で炎舞すると空気は
こんな感じになってしまう

でもオーガナイザーさん達が
窓を全て開け
風通しを良くしてくれたので

臭いとかはそんなにしませんでした


SUIとのセッションも終わり

次の出番まで
火付盗賊は待機

次はRYOMAって和太鼓チームと
午前1時から






各々の過ごし方
会場も人がどんどん増えてきてます
この時点で200人位居たのかな?

1時からRYOMAの演奏が開始



RYOMAの演奏風景
締め太鼓が4つかな

あと太鼓1つを
横で女の人が叩いてた


GOCOOや風鼓の菅原さん・・・
火付盗賊は和太鼓も含め
太鼓系が結構好きかもね















2回の出番が終わり
疲労困憊で外へ

夜風にあたりながら
飯を食ったり、店番したり

朝にはブースを外に設置して
野外レイブになるそうなので
それまで起きてようかな

写真に写ってんのは石ケンさん
このwebsite見て来たってさ

いやー、頑張って更新している
甲斐があるってもんだね





午前3時

弥生が眠いと言い出したので
車で寝るように鍵を持って連れて行く

ついでに俺も少し横になる





ぐぅ








朝、目が覚めると

火付盗賊はほぼ全員が倒れてました
辛うじて起きてるものもグッタリして
動きに全然精彩を欠いている

つーかあのまま寝てしまったようだ俺

NORIは股に手を挟んで寝るのが
癖なのかな・・・いや、趣味?
前にも見たような気がする



SUI CREATIONの方は
みんなキッチリ休んでたから

元気に起床

一部でへばってる人も居るけど
彼も火付盗賊メンバーなので



で、俺等はそろそろ
片付けをはじめる

天竺側が火付盗賊の為に
コテージを用意してくれているので
そこに移動して、風呂入って
寝ようということです






オラ!
オマエら起きろ
そして並べ!








片付けが終わり
寝ていた奴等を起こす

天竺の主催者達と写真を撮り
webmasterとして
必要な写真は撮り終えた


んじゃあ、早速
用意してもらったコテージに行こうか

レガシイに乗り込んだのは
俺(放浪)、弥生、RYU、NORI、ARAM

他の皆はまだここに居るそうだ











山を下ること20分・・・

Σ( ̄□ ̄ ;)!!!
もしかしてコテージってこれ?





滅茶苦茶立派な家じゃん
中に入るとキッチンとトイレ完備
調理器具も食器も揃ってるし冷蔵庫まである

部屋も3つあり上の写真で言うと
手前からコタツのある部屋
真ん中の出っ張り部分がキッチンと玄関件居間
その奥に寝室とトイレがある

スゲー、こんなに立派とは思わなかった
お風呂もこのキャンプ場の上のほうに
浴槽付きであったので、取り合えず風呂へ

炎舞した後にはシャワーか風呂が必須です
直に汚れていなくとも、霧状の灯油や
煙が皮膚や、髪、目、鼻の中や口の中に付着し
灯油臭いだけでなく、科学火傷や
灯油の吸収による発癌性の危険も増します

早急な灯油落しが必要なのです



コタツの部屋

コンビニで買ってきた
ご飯で栄養補給中

電気ポットもあったので
色々と助かりました



んで、これが寝室

窓もカーテンやブラインドで
光を遮断できる作りになってます

敷布団、枕、掛け布団、毛布
寝るのに必要なものは
全て揃っています

もう、眠気が限界の人が多いので
早速寝て、家に帰りましょう
みんな(俺以外)御就寝

寝相と性格って関係あるのかな
っつーくらい寝相に個性が出てますね

NORI 股に手を挟んで大鼾で寝る
RYU  キッチリ布団をかけて寝る
ARAM 腹を出して寝る 半にやけ
弥生  布団に囲まれて寝る

放浪  炎舞道具の手入れ中

やれやれ



雨とも山霞ともつかない
雲の中のような天気

小雨になったり、霧になったり
温度も低い


でも景色はとても綺麗だ


このコテージは17時まで
借りれる契約らしいので
16時20分頃に皆を叩き起こし

17時前にはコテージの清掃と
荷物の積み込みを終わり

車で帰路に発つ

運転は俺


さーて、家の仔猫に餌やりに帰ろ